ドライヤーとブラッシングについて

お風呂に入り、髪の毛を洗い終わったあとにドライヤーを行うでしょう。髪を乾かさずにそのまま寝てしまっている人も結構多いのではないでしょうか。ヘアケアとして、シャンプーやトリートメントをしっかりと行っても、髪を濡らした状態で寝てしまうと何の意味もありません。濡れた髪は非常に繊細で、濡れた髪が枕などでこすれてしまうと髪のキューティクルが剥がれてしまい、更に髪の毛はダメージを受けます。また、ドライヤーをするといってもただ単に乾かすだけではいけません。大雑把にドライヤーを当てる人がいますが、ドライヤーは髪の毛の根元から乾かしていき、徐々に毛先に向かって乾かすようにして下さい。そして、全体が乾いたら最後は冷風を髪の毛全体に当てて、髪の毛を冷やして下さい。冷やすことでキューティクルが引き締まり、髪の毛の水分が保持でき潤いを維持しやすくなるのです。

そして、ドライヤーで乾かしたあとはブラッシングです。ブラッシングにより、髪全体に皮脂を行き渡らせ潤いを残すことができます。また、頭皮をマッサージすることで、頭皮の血行が良くなり、髪の毛が元気になりますので、ブラッシングも毎日欠かさずに行うようにして下さい。このブラッシングがヘアケアに大切なことを案外知らない方が多いので、ドライヤーとセットで行うことで効果を発揮します。

オイルの使用について

ヘアケアを行う際、オイルを使用したヘアケアがあることをご存知でしょうか?オイルでのヘアケアは毎日の洗髪後に行う場合と週に1回程度行う場合の2種類方法があります。まずは洗髪後に行う場合ですが、オイルは髪専用でなくても構いませんが、必ずドライヤーを行う前に行って下さい。理由としてオイルはドライヤーの熱から髪を守る効果がありますので、間違ってもドライヤー後に行うのは止めて下さい。そして、洗髪後はまずタオルで髪の毛の水分をとり、その上からオイルをなじませるように毛先のみに塗って下さい。使用する量は一般的にはショートで1滴、ロングなら3滴程度と言われていますが、商品によっては異なってきますので、必ず商品ごとで使用量は確認して下さい。

そして、週1回程度行うオイルを使用したヘアケアは必ずシャンプー前に行って下さい。シャンプー前に数滴を手に取り、頭皮になじませ、軽くマッサージする感覚で頭皮にオイルをもみこむように行って下さい。その後、蒸しタオルで頭を10分程度保温したあと、通常のシャンプーを行うようにして下さい。シャンプー前にオイルを使用することで、商品によっては泡立ちが悪く、しっかりと洗浄できない場合がありますので、そのような場合には二度洗いしても構いません。オイルは人間の皮脂に近い成分ですので、保湿効果が非常に高まります。オイルを使用してヘアケアを行うことで、今までの傷んだ髪が見違えるように修復されますので、みなさんもオイルでのヘアケアを始めてみてはいかがでしょうか。

トリートメントについて

みなさんヘアケアを行う際に、シャンプーの種類や洗浄方法も非常に重要ですが、シャンプー後に行うトリートメントもヘアケアの重要な役割を持っていることをご存知でしょうか。トリートメントとは、その名の通り、髪の毛を補修するといった意味ですが、トリートメントを選ぶ際にどのトリートメントを選べばよいかというのは悩むところ。基本的にはシャンプーとセットで買うことをおすすめします。というもの、販売会社はシャンプーの効能とトリートメントの効能を最大限に引き出せるように開発していますので、違う会社のトリートメントを使用すると最大限の効果を引き出せなくなるからです。

そして、トリートメントを行う際は正しい方法で行って下さい。トリートメントはシャンプー後に行いますが、シャンプー後は一度タオルで髪の毛を拭いて下さい。理由としては水分が付き過ぎていると、トリートメントの油分をはじいてしまう恐れがあるからです。そして、トリートメントは頭皮には付けずに髪の毛全体になじませ、5分程度時間をおきましょう。そして最後に洗い残しがないようにすすいで下さい。シャンプーとセットで行うことで最大限のヘアケアとなりますので、トリートメントも正しい方法で行うようにして下さい。

ヘアケアをする際のシャンプーについて

女性ならもちろんのこと最近では男性でも髪の毛をケアする人もいる程、ヘアケアについてはいろいろな方法があります。日々生活している上で紫外線など髪の毛へのダメージは蓄積され、それ以外でもパーマやカラー、縮毛矯正など自分自身で髪の毛へダメージを与えていることもありますので、毎日のヘアケアは非常に大事です。その傷んだ髪の毛やきしんでいる髪の毛を少しでも改善できるようにヘアケアは徹底して行って下さい。

ヘアケアの基本となることは全部で5つあり、それはシャンプー、トリートメント、ドライヤー、ブラッシング、オイルです。この5つのヘアケアを徹底して行えば、傷んでしまった髪の毛をしなやかな美しい髪へと修復することができるでしょう。

ヘアケアの基本中の基本と言えば、シャンプーです。みなさん毎日のシャンプーを正しく行えていますか?髪の悩みで特に多いのは傷みかと思いますが、その場合にはダメージ補修に効果的なシャンプーを使いましょう。傷んでいる髪の毛は髪の毛の表面がざらざらになってしまっていますので、このざらざらを修復する為には通常のシャンプーではなく、ダメージ補修用シャンプーを使用しなくてはいけません。具体的にはシャンプー成分として、コカミドという成分が入ったアミノ酸シャンプーを使用して下さい。このコカミドは髪の毛のダメージをしっかりケアしてくれる洗浄成分のアミノ酸が多く含まれていますので、髪の毛のダメージ補修には欠かせない成分です。

ただダメージ補修用シャンプーを使っているだけでは、髪の毛を修復できません。正しいシャンプー方法を実践することで初めてヘアケアができますので、シャンプー方法を覚えておきましょう。まずはシャンプーを行う前に髪の毛をしっかりブラッシングして、髪の毛だけでなく、頭皮も含めてしっかりと濡らして下さい。シャンプーをする前の段階でほとんどの汚れは落ちますので予備洗いは非常に重要です。そして、シャンプーを泡立て、指の腹で髪の毛ではなく頭皮を洗って下さい。最後のすすぎはシャンプー残りがないように丁寧に流して下さい。この正しいシャンプー方法だけでも髪の毛や頭皮へのダメージは格段に少なくなりますので、是非実践してみて下さい。