ドライヤーとブラッシングについて


お風呂に入り、髪の毛を洗い終わったあとにドライヤーを行うでしょう。髪を乾かさずにそのまま寝てしまっている人も結構多いのではないでしょうか。ヘアケアとして、シャンプーやトリートメントをしっかりと行っても、髪を濡らした状態で寝てしまうと何の意味もありません。濡れた髪は非常に繊細で、濡れた髪が枕などでこすれてしまうと髪のキューティクルが剥がれてしまい、更に髪の毛はダメージを受けます。また、ドライヤーをするといってもただ単に乾かすだけではいけません。大雑把にドライヤーを当てる人がいますが、ドライヤーは髪の毛の根元から乾かしていき、徐々に毛先に向かって乾かすようにして下さい。そして、全体が乾いたら最後は冷風を髪の毛全体に当てて、髪の毛を冷やして下さい。冷やすことでキューティクルが引き締まり、髪の毛の水分が保持でき潤いを維持しやすくなるのです。

そして、ドライヤーで乾かしたあとはブラッシングです。ブラッシングにより、髪全体に皮脂を行き渡らせ潤いを残すことができます。また、頭皮をマッサージすることで、頭皮の血行が良くなり、髪の毛が元気になりますので、ブラッシングも毎日欠かさずに行うようにして下さい。このブラッシングがヘアケアに大切なことを案外知らない方が多いので、ドライヤーとセットで行うことで効果を発揮します。